部下からの評価を知りたい上司がしている質問

逆評価はマネジャーの業績向上につながる
部下を持つ上司にとって気になることの1つは、自分がきちんとマネジャーとして機能しているかどうかではないでしょうか。企業にとっては「360度評価」などを導入しているところもありますが、そうでない場合、部下の真意を知るのは容易ではありません。そこで今回は、人材開発支援会社のコーナーストーンオンデマンド経営陣のブログから、自分の成果や改善点を知るための「部下にしてほしい6つの質問」を紹介します。
職場環境はマネジャーに左右される

同僚や友人と、これまでに携わった最高の仕事について話す際、誰もが口をそろえて言うことがあります。それは、最もすばらしい仕事は、最高のマネジャーと一緒にした仕事であるということです。

これは単なる逸話ではないことが、データにより証明されています。ギャラップ社のレポートによると、マネジャーの良しあしは社員のエンゲージメント変動要因の70%を占めます。また社員の50%は、マネジャーから逃れるために実際に仕事を辞めた経験があります。

マネジャーの影響がこれほど強いのは、職場の環境はマネジャーに左右されるからです。すばらしいマネジャーは、優れた仕事ができるようにチーム全員の意欲を高め、奮起させます。一方で、最適な環境をつくろうと苦心するマネジャーほど、実質的にチームを抑圧してしまう可能性があります。マネジメント能力を高めるには、上司からだけではなく、部下からもフィードバックを得る必要があります。

私は毎年、このプロセス(いわゆる逆評価)を通じてコーナーストーンのマネジャーを指導しています。このプロセスはまず、適切な質問を部下に投げかけることから始まります。「私がより優れたマネジャーになるためには、何をしたらよいでしょうか」という質問は、あまりにあいまいでとりとめがないため、マネジメント能力の向上に必要なフィードバックを引き出すことができません。それに代わるものとして私がモチベーション理論に基づき策定したのが、次の6つの質問リストです。

質問1. 価値を見いだせない、あるいは目的が理解できない仕事を、私が依頼していると思いますか。

映画『リストラ・マン(Office Space)』でマネジャーが要求する、厄介な報告書を思い浮かべてみましょう。自分がなぜその仕事をしなければならないのかがわからなければ、部下は仕事に不満を抱くようになります。目的や価値が明確になっていなければ先が見えません。マネジャーとしては、無駄な仕事をさせられている感覚がチーム全体に蔓延するのは避けたいところです。部下にそのように感じさせる依頼をしていないか確認することが重要です。

\人材管理に役立つ!/

無料ホワイトペーパー・各種資料
配布中

学習管理や人材育成、コーナーストーンの各種サービスについて、もっと詳しく知りたい方はぜひご活用ください。