社内にある「強いチーム」と「弱いチーム」の差

心理的安全性が社員の挑戦を促す
同じ社内や部署でも、生産性の高い「強いチーム」と、なかなか成果を上げられない「弱いチーム」ができてしまうのはなぜでしょうか。今回は、人材開発支援会社、コーナーストーンオンデマンドの経営陣のブログから、「強いチーム」を作る秘訣を紹介します。
「崖っぷち」のチャレンジをしているか

 私がチームミーティングでいつも聞いていることに、「あなたには、今週『Oh, No!モーメント』はありましたか」というのがあります。

 新しいことに挑戦しようとする時に感じる恐さ、いよいよ本番が始まる、元に戻れないような判断などを伴う、崖っぷちにいるような極限状態で「Oh, No!」と叫びたくなるような「崖っぷちの瞬間」を指しています。ひいては、「リスクをとって自分でチャレンジしたことは何ですか?」ということです。

 ミーティングでは1人ひとりの「Oh, No!モーメント」を話してもらって共有し、そのチャレンジをチームで応援するようにしています。私のチームが最も価値を置いているのが、チャレンジすることだからです。

 リスクを避け、整備された道を選ぶことはたやすいですが、勇気をもって崖を飛び越えなければ「ブレイクスルー」は生まれません。経験のないことをやってみるわけですから、失敗に終わるものもたくさんあります。しかし、たとえ失敗であってもそれを前向きに捉え、「じゃあ、今度はこうしてみよう」と次につながるコミュニケーションをすることで、チームが成長できるのです。

 急激な変化が起きている昨今、市場の変化に伴って、目標や進むべき方向性も当然変化します。これに対する適応力や俊敏性は、リーダーにもチームにも必要です。こうした中で、「Oh, No!モーメント」を多く経験することになるでしょうが、それを成長の糧にしていくことがチームにとってとても重要なのです。

「Oh, No!モーメント」を多く経験できるような環境はどんなものでしょうか。グーグルが行った調査で一躍注目された「心理的安全性(サイコロジカル・セーフティー)」という言葉があります。

 「プロジェクト・アリストテレス(Project Aristotle)」と名付けられたこの調査プロジェクトで、グーグルは社内の180のチームを対象に、生産性の高いチームに共通する要素を検証しました。グーグルがこれについて書いた記事によると、導き出されたいくつかの要素の中で、最も重要なものと結論づけられたのが「心理的安全性」、すなわち、「『無知、無能、ネガティブ、邪魔だと思われる可能性のある行動をしても、このチームなら大丈夫だ』と信じられるかどうか」でした。

 誰かの顔色をうかがって満足に意見もぶつけ合えないような環境では、イノベーションは起きようがありません。個々のメンバーにとって、そのチームが「ある程度のリスクをとっても大丈夫」「失敗しても大丈夫」と感じられる「安全な場所」でなければ、チャレンジの機運は生まれないのです。

\人材管理に役立つ!/

無料ホワイトペーパー・各種資料
配布中

学習管理や人材育成、コーナーストーンの各種サービスについて、もっと詳しく知りたい方はぜひご活用ください。